今回の記事では、ライキン初心者が、
知っておくと役に立つことを「成長レベル」「VIP」「資材」の観点から解説していきます!

正直に言うと、ライキンの始めたての頃は、
何をしたらいいのかよく分からなくて、
いろいろなことに手を出しました。

いろいろやって、楽しかったし、
身を持って理解したこともたくさんあって、
……それが無駄だったとは言いませんが、
結構、回り道をしてしまった感は少しありますw

いろいろやってみるのももちろん楽しいですが、
出来る限り効率的に進めたいという方に向けた情報を、
この記事にて発信していきます!

政庁レベル上げ

以前に、この記事にて政庁レベルについて少し書きましたが、
今回はもう1歩踏み込んで解説していきます!

  • レベル7までは「初心者移転」が使える
  • レベル8からそれぞれの兵隊の2番目に強い種類が解禁

まずは、ここのレベル帯について解説します!

レベル7はジャンプが出来る範囲内のレベルなので、
ジャンプする方は、ここのレベルで10日間頑張りましょう!

ジャンプについてはこちらの記事で解説しています。

  • レベル10から「金貨採集」「文明変更アイテム」貰える
  • レベル11から3つの軍隊を派遣できる

続いて、このレベル帯です。

レベル10.11はどんどん出来ることが増えていきます!

「3つの軍隊を派遣」出来るようになると、
3つをフルに採集に回したり、
2つを採集に回して、1つを念の為残しておいたり、
2つを採集で、1つを近くで野蛮人狩りをしたり等
幅がだいぶ広がります!

  • レベル21からそれぞれの兵隊の4番目に強い種類が解禁
  • レベル22から5つの軍隊を派遣できる

最後にこのレベル帯をピックアップします。

ここのレベルまで持っていくことが出来れば、
上級者の仲間入りも夢ではないです!

たくさんの施設を育て、
たくさんの研究を進めていって、
相当大変だと思いますが、
ここまで進めば、だいぶ頑張った分の苦労も報われてくる頃です。

政庁レベル上げは、基本的には、
政庁レベルを上げるために必須となる施設を中心に育てつつ、
研究も進めていくわけですが。

地味な立ち位置と思われがちな、同盟センターのレベル上げも大事です!

何故かと言うと、同盟に加入すると受けられる恩恵の1つである、
「支援を受ける」という行動ですが、
同盟センターレベルを上げると「支援を受ける」回数がどんどん増えていきます。

支援が増えれば、その分建設や研究の時間が短くなるので、
結構大きいところです!

同盟センターも極力育てていけるようにしましょう!

VIPレベル上げ

VIPレベル上げも非常に大事です!

何度か話していますが、VIPレベルを上げることによって、
得られる恩恵は非常に大きいです。

VIPレベル6の建築職人2人目アンロックは言うまでもないとして、
VIPショップでの、加速アイテムをトウモロコシで買えるのは、
もちろん全て買いましょう!

VIPのバフもどんどん積み重なっていくので、
気付いた時には相当な恩恵を受けてたことになるので、
やはりVIPは非常に大事です。

VIPについてはこちらの記事でまとめてあります!

資材(採集)の稼ぎ方

資材についても非常に重要です!

斥候の探索への派遣などはコストがかかりませんが、
それ以外のほとんどのことに対して、資材が必要です!

資源は基本的に、「領地内」と「領地外」での採集がメインです。

最初の頃は、領地内での農場や伐採所で発生した資源を、
タップして入手するしかないかと思いますが、

領地外へ出て、部隊を派遣することによって、
大量の資材を入手することが出来ます!

マップを縮小していくと、いろんなところにたくさん採集出来るポイントがあります!

領地外採集ポイント

「青いピッケルマーク」が付いている資材ポイントは、
既に誰かが今採集しているってことなので、
気をつけてください!

また、領地外での採集が得意なキャラもいるので、
領地外採集は極力得意なキャラにお願いしましょう!

得意キャラ

  • コスタンツァ
  • エクスプローラー
  • シャールカ
  • ガイウス・マリウス
  • ジャンヌ・ダルク

このあたりは、無料ガチャからポロッと出てくることが期待できるので、オススメです!

更に、採集が得意な部隊を育てておくと、
もっと捗ります!

攻城T1

攻城兵器のT1といわれる部隊です。
積載出来る数も多く、移動スピードも早い。
更に、訓練・治療コストも安いので採集にはもってこいの部隊です!

まとめ

「政庁レベル」も「VIPレベル」も「資材の採集」も全て、
毎日コツコツやっていくのが大事です!

毎日の積み重ねに対して、ちょっとした「工夫」が、
後に大きな「差」となって現れてきます。

効率を意識していきながら、
リソースを割くところと、やらないところを見極めて、
進めていきましょう!

おすすめの記事